個人輸入のルールと利点

みなさんは、個人輸入代行業者という業種があるのを、ご存知でしょうか。
海外には、日本で売られていない、優れた商品がたくさんあります。
そうした商品を、個人輸入して入手するための手続きを行ってくれるのが、個人輸入代行業者です。
個人輸入代行業者の中でも、医薬品を取り扱う業者は、特に人気があります。
日本では流通していない医薬品や、日本の法律上、医師の処方が必要な医薬品などを、個人的に入手する手段として、医薬品の個人輸入代行業者は、多くの方に重宝されているのです。

オオサカ堂という業者も、そんな医薬品の輸入代行業者のひとつです。
オオサカ堂を利用すれば、とても簡単に、前述のような医薬品を手に入れることができます。
通常のインターネットと同じように、欲しい商品を選んでショッピングカートに入れ、クレジットカードの番号を入力するだけで、海外の高性能な医薬品が購入できるのです。
さて、オオサカ堂では、実にさまざまな医薬品を取り扱っています。
しかし、誰でも全ての医薬品を個人輸入できるのかというと、そうではありません。
医薬品の個人輸入には、ルールがあります。

それは、輸入した本人が、その医薬品を使用しなければならないというものです。
このルールがあることから、男性用の医薬品を女性が個人輸入したり、女性用の医薬品を男性が個人輸入することはできません。
たとえば、ED治療薬は、オオサカ堂の人気商品なのですが、男性用の医薬品であることから、女性名義では購入できないのです。
また、避妊ピルであるトリキュラーも、オオサカ堂の人気商品ですが、女性用の医薬品であることから、男性は購入できません。
なぜ、こうしたルールが定められているのかというと、個人輸入した医薬品は、自己責任で使用しなければならないからです。
個人輸入した医薬品を使用したことで、重大な副作用が発生し、健康を害したとしても、日本政府からの保証を受けることができません。
こうしたリスクもあることから、医薬品の個人輸入は、確実に使用者本人がおこなう必要があるのです。
とはいえ、このようなリスクをもちながらも、個人輸入代行業者を使った医薬品購入は、とても人気があります。

何故なら、個人輸入代行業者での医薬品を購入は、利点が多いからです。
先に挙げたトリキュラーは、産婦人科で処方される避妊ピルと、全く同じものです。
一般的な産婦人科などで、この避妊ピルの処方を受けると、1シート21錠につき、2,000円以上の費用がかかります。
一方、まとめ買いによるディスカウントを実施している、オオサカ堂でトリキュラーを購入すると、12シート252錠で、6,580円で購入できます。
この価格を1シート単位で計算すれば、548円となるので、その価格差はとても大きなものです。
オオサカ堂は、これだけ安くトリキュラーが購入できるうえに、送料も完全に無料です。
このように、安価に医薬品を入手できるオオサカ堂は、医薬品購入のひとつの手段として覚えておいて損はありません。